リーズナブルでハッピーな結婚式にするためのプランを立てちゃおう!

動画を作る時の基礎知識

男女とハート

写真を事前に集めておく

結婚式を挙げる際に、費用を少しでも抑える為に当日に流す動画をご自身達で作成するカップルも増えてきました。近年では誰もが簡単に作成できるソフトも販売しており、パソコンの中には始めから動画作成ソフトがインストールされている物もあります。結婚式で使用する動画の中でも、生い立ちムービーを作る時は再生時間、雰囲気作りなどを気にしながら作り込むようにしましょう。特に生い立ちムービーでは過去のお二人の写真から現在のお二人写真を使用するケースが多く、あまり枚数が多くなると再生時間が長くなってしまいます。また、写真が実家にある方も多いので、事前に写真を集めておく事も大切な作業です。中には年代順に写真が無い、とも言う方もいますが、1枚の写真を使用してコメントで説明する方法もあります。動画の流れを作る時はなるべく伝わりやすくするようにシンプルに作成すると良いでしょう。生い立ちムービーは式の中盤で流すケースが多く、お酒を飲まれているゲストも多くいらっしゃいます。エフェクトを使用して写真を動かしたり、一度に何枚も写真を使用すると返って分かりにくくなってしまう事があるので注意しておきましょう。作り方が分からない方は、作成までの一連の流れを説明しているサイトも数多くあるので参考に見ておくと良いでしょう。生い立ちムービーが完成した際は必ず式場に行って再生可能かどうかを確認しておきましょう。また、プロジェクターによって画面サイズが異なるので事前に聞いておき、DVDに入れる前にサイズも確認しておきましょう。